ここは岡山の台所 岡ビル市場

サワラ(春、秋、冬)

サワラ(春、秋、冬)

鰆といえば、岡山を代表する魚です。消費量も全国で岡山県が断トツの一位で、全国から上物が岡山に集まります。
サワラは一生泳ぎ続ける回遊魚で、4~5月、外海から産卵のため瀬戸内海に入り、5〜6月に産卵、7月頃には再び外海へ出て行きます。

マグロと同じく赤身魚の仲間で、身はやわらかく、味は濃厚です。刺身は上品な風味があり、トロの部分は極上品です。また塩焼き、たたき、照焼き、バター焼、酢の物、味噌漬けなどそれぞれ大変おいしい。
冬は寒ザワラといい、丸々とよく肥え脂がのって、一年でも一番美味しくなります。
サワラは身が繊細な魚で、乱暴に扱うとすぐに品質が落ちてしまいます。一本釣りで捕ったサワラを身割れしないよう、鮮度が落ちないよう地元の漁師さんたちが細心の注意と技を駆使して岡山に届けます。こうして美味しいサワラが店頭に並ぶのです。

068

051

061

021