ここは岡山の台所 岡ビル市場

ゲタ(シタビラメ)(通年)

ゲタ(シタビラメ)(通年)

岡山では、舌平目のことをゲタと呼びます。カレイやヒラメのように平たく、口が体の先端でなく、目の下にあること、背びれ、尾びれ、尻びれがつながっていることが特徴です。
ゲタにも赤と黒があり、アカシタは夏、クロシタは冬が旬です。
定番は煮付けです。大きくて鮮度が良ければ刺身にしてもおいしい。サッパリと塩焼きもお薦めです。欧米では舌平目は<海の女王>と呼ばれ、ムニエルは最高級の料理とされています。
冬の風物詩となっている干しゲタは、漁港や底びき漁船の上で寒風にさらされます。半乾きとなった干しゲタは、火で軽くあぶると骨から身が浮き食べやすくなり、左党には最高の一品。

092

geta2

geta