ここは岡山の台所 岡ビル市場

小カブ

小カブ

カブは既に弥生時代には栽培されていたと言われる古来からの重要野菜です。

小かぶは特に品種改良が進み、野菜の芸術品といわれ、きめの細やかさと甘さで、おでんからサラダ、バターいため、パスタ、ポトフなどなど様々な料理に抜群の相性のよさを発揮します。

根はビタミンC、カルシウム、食物繊維、アミラーゼを多く含み、葉の部分はβカロチン、ビタミンB1・B2、・C、カルシウム、カリウムなどを豊富に含み、大変栄養価の高い野菜です。

kokabu